FC2ブログ

百日(ももか)!お食い初めしました!

昨日から風邪の徴候あり・・・。
喉の痛みと鼻水と頭痛が軽めに。。
熱は36.8℃と微熱ですが
ひどくなりませんように。
お薬飲むのは怖いので、
寝て治します!!
ちなみにお正月は風邪ひいて
熱がでました(--;
調べたけど、熱があっても母乳には
影響がないとのことで普通に
おっぱいあげていましたヨ。


さて一昨日(1/27)は誕生100日でした。
「お食い初め」やってみました!
お宮参りとか、お食い初めとか、
全っ然知らなかったけど
ネットで調べれば詳しく書かれて
いるので助かります~。

お食い初めとは、赤ちゃんの乳歯が
生え始める生後100日~120日目に
一生食べ物に困らないようにお料理を
食べさせる儀式のこと。
でも実際には食べさせる真似を
してあげるだけです。
そのあとは「歯固めの石」を使って
丈夫な歯が生えるように願います。

食べさせる真似をする役は、長寿に
あやかるという意味で身内の
最年長の人が行います。
男の子は男性、女の子は女性です。
祖父母に頼むことが多いようですが、
家族のみで父親母親が行っても
よいそう。

わが家は義両親を招き、お義父さんに
頼みました(^^*

食器はお宮参りの時に記念品として
いただいたので、それを使いました。
お椀2つ、お皿1つ、お箸、お盆の
セットでした。

歯固めの石は、神社や川原で拾って
きたり、購入したりするようですが
私の姉が神社と関係があるので
頼んで持ってきてもらいました^^

衣装はあらかじめ楽天で購入済。


旦那さんと相談して新色の白に^^
サイズは迷いましたが、レビューを
参考にして70にしました。

012904.jpg

ぴったし♪



問題のお料理は、
お義母さんがお赤飯とお吸い物と
鯛を準備してくれることに。
ほんとにありがたいです。
私は煮物と酢の物担当。
人生初の花形にんじん、れんこんを
作りました。時間がかかったけど
楽しかった~。
酢の物は前日に作ってて、煮物は
当日作ったのですが
赤ちゃんがよくお昼寝してくれ
たので助かった(^^;
空気が読める子ね~。←親バカ

012901.jpg


012902.jpg

おじいちゃんの膝の上で♪
ちょっと迷惑そう?(笑)
でも箸を口元に近づけると
パクパクすることがありました。
食べ物だってことが分かるのね~!
ごはん→お吸い物、ごはん→お魚…
といったように食べさせる順番が
あるので、(やり方の紙を見ながら)
旦那さんとお義母さんに指導される
お義父さん。(笑)
ありがとうございました~。


012903.jpg

食後にお祝い用の小さなケーキ。
おいしくいただきました♪

儀式が終わった後、石は袋に入れて
記念にとっておくことにしました。

いい記念日になりました(^^*



さて今晩のごはんは手軽に
鍋にしま~す♪


もつ鍋大好きで時々作るけど、
こういうセットを買ったのは初めて。
おいしそうですよね~^^楽しみ♪




↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Category: 育児

鼻づまりについて

こんばんは^^

最近は夜まとまって寝てくれる
ようになってきました(3~4時間位)。
長い時は5時間も!!
ってことで夜中が絶好のPCタイム
です♪

先日3か月になり、来週には3か月健診
があるのですが・・・
話をさかのぼって。

1か月健診のちょっと前頃、鼻づまりで
病院へ行きました。
泣いたときに鼻がブヒブヒ言ってて、
おっぱい飲む時もなんだか苦しそうで。
耳鼻科か小児科か迷ったけど、
出産した病院(の小児科)へ行きました。
そしたらちょっと不愉快な出来事が。
先生に診てもらう前に看護師さんの
問診があるのですが、鼻づまりがあって
苦しそうなんです、ということを
伝えました。そしたら看護師さんが
ぼそっと(独り言のように)
「お母さんが吸ってあげるのが
一番いいんだけどね~。」
って言って。

吸うって?鼻水吸引のこと?
ママが口で吸う吸引器の存在は
知ってはいるけど、教えてもらって
ないし、よく分からないんですけど。

独り言のように言うんじゃなくて、
どうすればいいのか、はっきり私に
言ってくれればいいのに。
なんだかムカッときました。
(私、心せまい?)

で、それが聞こえたもんだから
その看護師さんに
「吸うって、吸引器ですか?」
って聞いてみた。
そしたら聞かれると思わなかった
のか、ちょっとびっくりしてた
様子の看護師さん(笑)。
「そうそう。先が丸くなってる
やつでね・・・。後で話しますね。」

とのことでした。

最初からそう言ってくれ。。


そして診察。
喉と耳を診て(多分)、←記憶が…(笑)
鼻づまりだけだったので、
自動の吸引器で吸って終了。
口で吸う吸引器も購入しました。


私が買ったのは通常バージョン。
このきのこ型、カワイイ♪

でもこの鼻吸い器、あまり出番が
なく。。。
これは鼻水がじゅるじゅる出る
症状の時に活躍しそうですね。
ベビちゃんは鼻の奥のほうに
鼻くそが詰まっているので、
これで吸っても吸えず・・・。

そのあともまた鼻づまりがあり、
今度は近くの耳鼻科へ行きました。
さすが専門の病院だけあって、
小児科と違って処置が丁寧でした。
適宜そうじに来てください
と言われ、2日に1回ぐらいの
ペースで通ってました。
処置中はもちろんギャン泣き(笑)。
でも終わるとケロッとします(^^;

家でも赤ちゃん用の綿棒で
取る時もあるのですが、
頭を左右に動かして、手を動かして
必死の抵抗をされます。。。
綿棒だと押し込んで奥にいって
しまうことがあるので、
ピンセットを買おうと思います。





↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

Category: 育児

退院してから

育児日記をつけています。

飽きっぽい性格の私ですが、
毎日欠かさず続けています^^

何時に授乳したか、おしっこと
う〇ちの回数などがすぐに分かるし
その日の出来事もメモれて便利。

退院してからは、直接母乳であげて
ニップル使って、やっぱりダメなので
搾乳して哺乳瓶であげる・・・という
パターンでした。
哺乳瓶だとゴクゴク飲んでくれます。
母ちょっとせつない・・・(・_・、)

とにかくすっごく胸が張って張って。
2時間おきぐらいにカチカチになります。
赤ちゃんも2~3時間おきに泣くので
女性の身体ってよくできてるなぁ、と。

1回使うごとに哺乳瓶、搾乳機、ニップル
を消毒していたのでとっても
面倒臭かったです(^^;
それでもやっぱり家は最高。
病院にいる時と違って自由で。
睡眠不足でしんどかったけど、
赤ちゃんのためなら全然辛くありません。


退院2日後、病院の外来で黄疸チェック。
なんと数値が上がっていました・・・。
2泊3日で入院することに(ノД`)・゜・。
離れ離れになるのがすっごく辛かった
です。でも治療のためだから
しょうがないんですが(´A`。)

病院では3時間ごとに授乳なので、
授乳の時間のたびに病院へ行きました。
わが子に会いたい一心で、全然辛く
なかったです。
でも夜中だけは冷凍した母乳を
託しました(^^;
光線治療のおかげで
3日目に数値が下がってた時は
本当にほっとしました(゜-Å)
でも身体が日焼けしたみたいに
ガサガサしてたのがかわいそうで。。。
病院でもらったヒルドイドローション
というものをしばらくお風呂上りに
身体に塗っていました。
塗られるのが嫌なのか、いつも
ギャン泣きしてたなぁ(^^;

そして退院した翌日(産後10日目)、
夜中(AM3時頃)寝ていると
下腹部が痛くなり、急激に寒気が
してきて異常を感じたので
病院に電話して、行ってもいいとの
ことだったので旦那さんに連れて
行ってもらいました。
赤ちゃんはお義母さんに見てて
もらいました。

私は寒すぎて毛布にくるまったまま
病院へ。
病院で内診すると子宮内に
ちょっと大きめの悪露の塊があった
みたいで、腹痛はこのせいでしょう
とのこと。
先生に診てもらったら寒気と腹痛が
治まりました。うーん不思議。
内服剤(子宮収縮剤)をもらい、帰宅。
赤ちゃんはいい子にしていたようです。

結局それから痛みはなかったので、
薬は飲みませんでした(^^;

そういえば
この頃は乳首が切れてうっすら血も
出たりしてめちゃくちゃ痛かったなぁ。
ちょっとずつ直接飲んでくれるように
なっていたのですが、痛いので
搾乳機が活躍していました。
もうニップルは面倒臭くて使って
いませんでした・・・。




↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


Category: 育児

入院中のこと(2)

入院中はプラス料金を出して個室にしました。
旦那さんがお泊りするためです^^
仕事が終わったら病院に直で寄り、
少し息子の顔を見た後で(笑)
一旦家に帰り、すぐ傍の実家でご飯を食べ、
家でお風呂に入ってから病院へ戻る。
そして朝は病院から会社へ。
家、病院、会社の位置がいい感じに並んでるので
ストレスなく(多分)行き来できたと思います。
私としても毎日旦那さんが来てくれるのが
嬉しくて(*^-^*)
でも気が早いですが、もし2人目ができたときは
こうはいかないかなぁ。
子どもを連れて夜に移動とか無理ですよね。
幼稚園とか行ってるかもしれないし・・・。
まぁ、ケースバイケースでっ!

入院中、毎日お義母さんが来てくれたんですが
産後は一人でゆっくりしたい気持ちがあり・・・。
お義母さんのマシンガントークに少々疲れが(笑)。

産後は想像してた以上に眠れなかったです。
赤ちゃんは頻繁に泣いておっぱいを欲しがり、
寝たと思ってベッドに寝かせると起きて泣き・・・。

あと入院中辛かったのが赤ちゃんの体重のこと。
3時間おきに授乳室へ行き、まずベビースケールで
体重を測り、授乳して、最後に体重を測ります。
60g増えていないとダメなので、不足分は搾乳。
直接母乳で飲んだ後の体重は20gほどしか増えて
いなかったので、40ml搾乳していました。
搾乳機で搾乳してる間、目の前でおなかがすいて
泣く赤ちゃん・・・。私も泣きそうになりました。
ごめんね、ごめんね・・・って。
寝ている赤ちゃんに無理やり飲ませようと
するのも辛かった・・・。
早く退院して自分のペースでやりたい、って
思ってました(^^;

病院で使っていた搾乳機はこちら。


退院前に看護師さんからの勧めで
これを購入しました。

もうひとつ購入したのが、


同じくメデラのニップルシールド。
これを使うと少し哺乳量が増えました。
乳首が短くて赤ちゃんがうまく吸えなかった
可能性があります。
でもこれを使わないと飲んでくれないのか、
とか、いつまで使い続けるんだろう・・・とか
考えるとブルーな気持ちになったりしました。

退院の前夜頃になると、できるだけ何も使わず
赤ちゃんに吸って欲しいと思う気持ちが強く
なりすぎてか、ひたすら長い時間格闘。
気づいたら授乳室に1時間ぐらいいて、
入ってきた助産師さんにそれを気付かれて
「あなたまだいるの?!そんなに長いこと
いてもダメよ!片方で15分までにしなきゃ!」

とややきつく注意されるありさま・・・(涙)。
私は何をやってるんだろう・・・。
そんな気持ちになりました。


沐浴の練習も終わり、
入院6日目に退院!

でも黄疸の経過を見るということで
2日後に外来で診察へ行くことになって
いました。

ちなみに退院の日はお義母さんが迎えに
来てくれました。
まだ会陰切開の傷が癒えてないので
股が痛いのですが、
運転好きのお義母さんの運転が荒くて
「すみません、少しゆっくりめに
お願いします・・・。」
と依頼(^^;

痛みのピークは産後3~4日目だったなぁ。
ひきつる痛みが辛かったです。
痛みがひいてきたのは2週間後ぐらいかな?
き・・・記憶が・・・(^^;
それもそうか、もうすぐ3か月になるもんなぁ。
時がたつのが早すぎる。。。




↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村

Category: 育児

入院中のこと

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い
いたします。


いや~、それにしても
久しぶりに更新。
出産後はPCに向かう頻度が
激減しました(^^;

さすがにそろそろ更新しないと、
と思って今日自分のブログを
開いてみたら、なんと広告が(笑)。
1か月以上更新してなかったら
貼られるんですね・・・。
これはヤバい!と思い、
今に至る次第であります。。。

出産してから今日で79日。
今月末には3か月健診の予約を
しました。早いなぁ~!!
1日があっという間に過ぎていきます。



誕生から一夜あけて。

0106.jpg

泣く声も、真っ黒なう〇ちも
かわいく思えるなんて不思議。
胎便は海苔の佃煮にそっくり
でした。(食事中の方スミマセン)

泣いておっぱいをあげようと
するけど、吸ってくれず。
看護師さんと助産師さんによる
おっぱいマッサージが始まりました。
めちゃくちゃ痛かった・・・(TωT)
特に若い看護師!
機械的にやりやがって~o(`ω´*)o
おばちゃんの助産師はすっごく
上手で全然痛くなかった。
やる人によって全然違うんですね~。



生後3日目。

010601.jpg

黄疸の数値が高くなってしまい、
光線治療しました。
1日離れて過ごすのが
淋しくて淋しくて(;_;)




010602.jpg

光線治療入る直前頃かな?
ちょっと顔が黒っぽいです。



ゴクゴク・・・。

010603.jpg

まだ直接おっぱいから
飲めないので、搾乳機で
しぼったものを飲んでます。
痛いマッサージの効果があり、
母乳はだんだん出てくるように
なってました。



病院の食事(減塩食)。

010604.jpg

出産時高血圧だったので
入院中はずっと減塩食でした。
めっちゃ薄味なんだけど、
とてもおいしかったです。
影響を受けて、退院後は
かなり薄味で食事を作るように
なりました。




↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


Category: 育児