FC2ブログ

産後すぐの恐怖体験

すみません、タイトルが怖く
なっちゃってますが、
あくまで私だけの体験ですので
安心してくださいね(;´▽`A``


壮絶な痛みに耐え、
10/19 22:45出産。
胸の上でしばしカンガルーケア。
赤ちゃんはまばたきもせず、
大きな目を見開いているのが
とっても印象的でした。
そしておっぱいを探すような
仕草もとってもかわいくて(^-^*

たぶん1時間ぐらいそうしてて、
赤ちゃんが一旦
ナースステーションへ。
旦那さんは家へ戻り、シャワーを
浴びてから病院へ戻ってくることに
なりました。

その間に大変な事件が起きたのです。

私、人生で初めて「死ぬかも」と
思う体験をしました。。。

普段血圧は正常値だったのですが、
陣痛が始まり病院で血圧を測ると
高くて、妊娠高血圧症候群という
診断がつき、産後の痙攣予防のために
点滴をしながら出産に至った私。

産後もその点滴を継続していました。

製剤名は伏せておきますが、
マグネシウムの製剤でした。

たぶん20日のAM1:00頃、
助産師さんが部屋に来た時に
事件は起こりました。

産後ベッドの上でぼーっとしていた
のですが、急に頭からつま先まで
全身が熱くなってきて。
ほんとに一瞬で全身がサウナに
入っているように熱くなりました。

「暑い、暑い!!」

助産師「え、なに?どしたん??」

「分かりません。サウナに入ってる
みたい!暑い!!!」


ハッ、ハッ、ハッとした呼吸になります。

助産師「どういうこと?!」

助産師さんもかなりパニクってる
感じが分かりました。

暑くて暑くて・・・
このとき「私このまま死ぬのか・・・」と思いました。。。

せっかく産んだ赤ちゃんの成長も見れず
旦那さんとも離れていたときに
ひとりさみしく死んじゃうんだ・・・

こんな気持ちが一気にこみあげてきて。


助産師さんが点滴を触って、
すぐにナースコール鳴らして
「すぐ先生呼んで!!」っていってました。

そしたらだんだん暑さがひいてきて、
先生が到着した頃にはだいぶ
落ち着いていました。

先生と助産師さんとの会話から、
どうやら助産師さんが点滴ミス
をしたようで、本来は2~3時間
かけて入れる量の点滴が
一気に身体に入ったみたいです。

病院側としては医療ミスを
認めるわけにはいかないので
助産師さんから謝罪はありません
でした・・・。
でもそのあとクールな助産師さんが
急に優しくなりました。(笑)
お茶を持ってくるね、って言って
くれたり。

私としては生きててよかった、の
一心なので責める気持ちも
起こりませんでした。
ほんとによかった。。。

でも産後に不運にも亡くなった
方も数多くおられることを思うと
とてもせつない気持ちになりました。

今ある命に感謝です。





↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
Category: 出産

出産レポ(2)

今日は産後ちょうど1か月です。
早いなぁ~。


赤ちゃんは授乳後はお腹いっぱいに
なって寝てしまうことがほとんど
なのですが、夜中の授乳後だけ
なぜか起きてしまい泣くことが
多いのです・・・。
でもここ数日ぐらいは夜中の
授乳後もそのまま寝てくれることが
多くなってきたように思います(^-^*

明後日は1か月健診!(with旦那さん)
その翌日はお宮参り&記念撮影!
家族で外出できるので楽しみです♪


ではでは引っ張っている
出産レポの続きです~。



旦那さんが到着して顔を見たときは
嬉しくて心強かったです。

お茶を飲ませてくれたり、
うちわであおいでくれたり、
腰をさすってくれたり、
して欲しいことを遠慮なく言えます。

ストローはドラッグストアで
ペットボトル専用のものを買って
準備はしていたのですが、
そっちは使わず。。。
普通の伸びるストローで
十分でした(^^;
買ってたストローは高かったので、
飲ませてくれる人がいる場合は
パックのお茶とかに付いている
ストローで十分だと思います。

そして準備していた「いきみ逃がし」
のゴルフボールですが、こちらも
使わず。(バッグにしまったまま・・・)
道具に頼っている余裕が
ありませんでした(^^;

私の場合、陣痛の痛みは「腰の痛み」
でした。お腹と腰がどっちも痛い
のですが、声に出るのは「腰が痛い!」
だったのです。
腰をさすってもらうと痛みが少し
紛れるので、旦那さんに腰を
さすってもらったのですが
「痛い!やめて!(>_<; 」
って言ったり。ムチャですな。(笑)

ほんとに陣痛はどの姿勢になっても
痛いので、ただ耐えるしかなかった
です。痛くなると寝返りしたり、
両足をピーンと伸ばしたりしてました。
そして産まれる2~3時間前ぐらいから
痛い時は「あ゛~!あ゛~!!」って
声でうめいてました。。。

旦那さんは時々お茶がいるか
聞いてくれたり、必要に応じて
お茶、うちわ、腰さすりでサポート
してくれました。

途中で助産師さんがおしっこを
出しておきましょう、と言って
カテーテルで導尿。
私ビビリで導尿って痛くて怖い
イメージがあったけど、陣痛の
痛みの方がはるかに上だったため
すんなりでした。

そして21:30頃かな?
子宮口は9cm開大になって
いました。
今日中には産まれます、という
旦那さんと助産師さんの会話が
もうろうとした中、聞き取れました。

そしてその後ぐらいから痛い時に
いきみたい感じが強くなってきて、
う〇ちが出そうな感覚になって
きました。
助産師さんから
「う〇ちが出そうな感じに
なってきた?」と聞かれ、
「はい。」と私。
そしたら10cmになっていました。
そしてようやくいきみOKの指示。
痛みがきたら、2回深呼吸をして
いきむ→1回息継ぎ→いきむ
これがいきみのパターンでした。

わたし実はまだこの時点でも
破水してなかったので、
痛い時に助産師さんが破水させて
くれました。(手だったか器具
だったかは忘れました・・・。)
破水すると温かい液が多量に
出てきました。

そしていきむこと数十回・・・。
いよいよ赤ちゃんの頭が出て
きそうな手前で助産師さんが
内線で「お産に入ります。」
と連絡すると、先生と助産師?
2名が部屋に入ってきました。
手術のようなグリーン系の
シートを持ってきたりして、
ザ・出産!って雰囲気に。
先生たちが来てからは
たぶん3回ほどのいきみで
赤ちゃんの頭が出てきたの
ですが、たぶん最後の1回の
前に会陰切開しました。
痛みがきて麻酔の注射をして、
切開しましたがその痛みは
全くなし。
噂に聞いていたとおり、
陣痛の痛みに紛れるんですね~。
そして最後のいきみは
渾身の力をこめました。
旦那さんが後から言ってたのが、
「最後らへんのいきむ時、
顔が真っ赤になってて頭の血管が
切れるんじゃないかと心配した」
そうです(^^;;

赤ちゃんの頭が出たらもう
いきまなくてもよくて、
「ハッ、ハッ・・・」という
呼吸をするよう指示がありました。
そのあと赤ちゃんの身体がでて
(痛い)、へその緒を切ると
元気な産声が(;▽;)感動です。

そして胎盤を出すため先生が
引っ張る(?)。→痛い

会陰切開の縫合→最初の1針が
痛い。
縫合は思ってたよりも丁寧に
時間をかけるんだな~と
思いました。


すみません、時間がないので
続きます。。。




↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


Category: 出産

出産レポ(1)

またまた更新が遅くなっております。。


やっと安定して直接母乳で
飲んでくれるようになりました。
(母乳の苦労話もまた後ほど・・・)

そんな授乳してる時に気づいたこと。
なんとお腹の中にいる時のエコー
写真と似たようなポーズなんです!

なかなか顔を見せてくれず
手で顔を隠したり頬杖ついてたり・・・
そんなポーズをほぼ毎回の授乳時に
見せてくれます。
落ち着いてるんだろうな~と思うと
微笑ましく幸せな気持ちになります。




では約1か月前の出産レポの続きです。



10/19、お昼前に病院に着くと
なんだか急激にお腹の痛みが。
受付に行くのも前かがみで歩くほど
ちょっとキツかったです(--;
そして受付。
陣痛かもという連絡をしていたので、
早めに診察に呼んでくれるとのこと
でした。
体重と血圧を測ると、血圧が高め。
確か上が160台。キツいなか遠い
駐車場から歩いてきたし、痛みで
血圧が高くなってるのかな~と
思っていました。
しかしこの血圧のせいで後ほど
えらい目に遭うことになるとは・・・。

待合で待つ間、お腹が痛くてソファで
横になって待っていました。

そして診察。すぐに内診で子宮口の
チェックをしてもらいました。
まだ0cmとかだったらショックだな・・・
と思いましたが、1cm開いているそうで
入院確定!(*´∀`)よかったー。

そのあと別室で心電図みたいな機械で
子宮の収縮間隔を調べました。
継続的に紙にプリントアウト
されているのですが、
お腹が痛くなると印字の幅が大きく
なってました。
この時がたぶん3分間隔ぐらいかな?
すでにギューッと結構な痛みで・・・。

測定が終わるともう一度診察室へ。
今度は別の先生でした。
先生から、
血圧が高いので、妊娠高血圧症候群の
疑いがあります。お産が長引くと
リスクが高いので、今日中に陣痛が
なければ翌日に促進剤を打って
早めに出産するようにしましょう。

と言われました。
そして、子宮口を開きやすくする
チューブを入れましょう。

ということに・・・。

なんだか展開が早くね?(笑)
と思いながらも、先生が差し出した
説明の紙(同意書)にサインを
書かされる。
そして再度子宮口チェック。
すると、何cmかは分からなかったの
ですが先ほどよりも開いてきていた
ようでチューブはなしになりました!
チューブ、痛みはほとんどないという
ことでしたが、ちょっと怖かったので
助かった~(^^; という心境。


そしていよいよ出産室へ移動です。
ここの病院は陣痛~出産までを
1つの部屋で過ごします。

お義母さんに入院になったことを
LINEするとすぐに駆けつけてきて
くれました。そして車に置いていた
入院セットを持ってきてもらいました。
旦那さんにも電話。出産まではまだ
時間がかかりそうなので、仕事が
終わり次第病院へ来てくれることに
なりました。

病院の産衣に着替え、ベッドに
横になって痛みに耐えます。
痛くないときは普通に話せるけど、
痛い時は無言。。。

お義母さんは気がまぎれるだろうと
思って部屋にいてくれたんだと
思いますが、正直ひとりに
なりたかったです・・・(--;
お義母さんは話好きなので
話しかけてくるのですが、
痛みの波がきてるときは
マジで話してる余裕がなくて。。。
旦那さんにLINEで
「ひとりになりたい・・・。
〇〇(←旦那さんの名前)来たら
お義母さんにさりげなく
出てほしいと言ってね。」

と伝える。
痛くて寝返りして掛け毛布が
はだけた時に、お義母さんが
もちろん善意でそれを直して
くれたりすることさえも
「お願い、ほっといてー!!」
と心の中で叫ぶ私。。。
(お義母さん、ごめんなさい)
いや、普段は仲良しなんですよー?
すごく優しくて楽しいお義母さん
なんですけど、この時ばかりは(^^;

午後4時頃、先生が部屋に来ました。
妊娠高血圧症候群と病名がついた
入院計画書を持って・・・。
ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
血圧が高いままなので、持続的に
血圧を測ることと、出産後の痙攣
予防ということで点滴をすることに。

15~20分ごとに自動的に測られる
血圧、点滴、痛み・・・
ストレスだらけでつらかったです。。

午後5時過ぎ、旦那さんからLINE。
「いま高速で帰って向かってる
からねー!」


早く来て~!!(心の叫び)

その頃かな、助産師さんが
私の気持ちを汲んでくれて
「痛みが強いようなので、
お義母さんは外で待って
いただけますか?」

と言ってくれました。
そして病室で待ってもらうことに。

ちなみに病室は旦那さんと
事前に話してて、
私と赤ちゃんと一緒にいたいと
いうことで病室は個室に
しようということに決めて
いました。

たぶんその頃また内診があり、
子宮口は6cmになっていました。

ちょっと時間が前後してるかも
しれませんが・・・(^^;

そして午後6時過ぎ、旦那さん
到着。
旦那さんが来るまでがすごく
長く感じました。
めちゃくちゃ嬉しかったです。


続きます。(スミマセン・・・)



↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


Category: 出産

出産のご報告

報告が大変遅くなってしまいました・・・。
この場を借りてお詫び申し上げます。。。


10/19(月)、22:45
2832gの男の子を出産しました(´ω`*)
予定日よりちょうど1週間早い出産でした。

直前の健診では赤ちゃんが少し小さめと
言われていたので(推定2500gぐらい?)、
旦那さんとも「きっと予定日過ぎるよねー」
なんて話していたのですが。


私の記憶が薄れないうちに、遡っての
話にはなりますが出産の体験談を
書いていこうと思います。

まだ赤ちゃんのお世話に慣れないし、
頻繁な授乳でまとまって寝れない日々
なのでゆっくりペースの更新に
なるかと思いますが、どうぞ
よろしくお願いします(@゚ー゚@)



出産の前日(10/18)、旦那さんと
ちょっとドライブしてとあるお祭りに
行っていました。臨時駐車場から
現地までけっこう歩いて、その距離
往復で約4km。結構しんどかった・・・。
お祭りではテントで服とか靴とか
いろいろセールで売ってて、
私は産後に履きたい短パンを購入。
旦那さんは激安の靴を購入。
屋台もたくさんあって、ちょっとずつ
いろいろ食べて満足しました♪

その帰り道に、山の中にあるアスレチック
ありの広場で少し遊びました。
足つぼマッサージがありました。

110601.jpg

↑痛みで変な動きの旦那さん。

私もやってみましたが、臨月で
MAX体重のせいもあり(?)
歩くたびに痛い、痛い、を連発(笑)。
でも歩き終わったらスッキリ。

こんな感じで体調も良く、
久しぶりによく動いた一日でした。
まさかこの翌日に出産するとは
この時は思ってもいませんでした(^^;



その日の夜11:30頃、トイレに行くと
トイレットペーパーに少量の鮮血が!!
これはもしや、おしるし?!

この時はすごーく嬉しかったなぁ。
おしるしがあれば出産が近いサイン
ということですが、出産まではそれから
2~3日かかることもあるそう。

そしてベッドで寝ていると、夜中に
なんかちょっとお腹痛い・・・かも?
というぐらいの痛みがあり、念のため
無料の陣痛アプリを起動。
1時頃から平均15分間隔で1分半~2分
ぐらい持続の痛みがありました。
でも測ってる途中で寝たりもして(^^;
結局朝まで不規則な痛みは続きました。

そして朝になり、
「何かあったら連絡してな。」
と言い旦那さんが出社。

だんだんこれは本物の陣痛では・・・
と疑いだす。
それでも痛みと痛みの間でうまく
洗濯をして干すことはできました。

病院からは5分間隔(初産)になったら
連絡するように言われていましたが、
4分のこともあれば9分のこともあり
タイミングが分からず・・・。
でも午前11時頃に2分間隔の時が
あったので、思い切って病院に電話
しました。
そしたら間隔を聞かれ、
「9分とかがあるなら、もしかしたら
病院へ来ても一旦家に帰ってもらう
こともあるかもしれませんが、それでも
よければ来てください。」

と言われました。

帰らされるのは嫌だなぁ(^^;
・・・と思いながらも、痛みは
続くので病院へ行くことに。
念のため、準備していた
入院セットを持って行きました。

そしてこの時はまだ生理痛の
ような鈍痛だったので
自分で車を運転して行きました。
途中のコンビニでお昼ご飯の
おにぎりを2個購入するという(笑)

病院へは11:30頃に到着。
駐車場が混んでて、建物から
一番遠いところに止めたのですが、
そこから歩くのがキツかった・・・。
(入院セットは車へ置いたままです。)


続きます。



↓ポチッとよろしくお願いします(人´∀`o)♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
にほんブログ村


Category: 出産